Chaotic Accumulation.

指向/嗜好/思考/至高の集積。

新聞社であれテレビ局であれ、発表物を数日前にスクープして記事にすることを評価するということは、自社のジャーナリストに対して、批判的な立場を忘れ、取材源とグルになれと言っているのに等しいのです。

もちろん政府であれ、企業であれ、個人であれ、取材対象は、リークをちらつかせて、取材に来るジャーナリズムをコントロールしようとします。それは広報戦略の一環であり、間違ったことではありません。

そういう状況下で、ジャーナリズムがどう行動するかが問われるのです。

本来、発表されないもの、隠されているものを調査し、報道することこそジャーナリズムとして評価されるべきで、情報源からリークをもらって記事にすることを評価していけば、ジャーナリズムは死んでしまうと、我々は訴えたのです。

マスコミの矜持|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり

これを政治家として言っちゃうから、この人はスゴいと思うのです。


  里崎 愛されて胴上げ 重すぎて落下
  
  入団した時は軽かったんや!


(ワイロッテハァン、里崎の引退を受け入れられない : 鴎速@マリーンズまとめブログから)

草不可避wwwww

里崎 愛されて胴上げ 重すぎて落下

入団した時は軽かったんや!

(ワイロッテハァン、里崎の引退を受け入れられない : 鴎速@マリーンズまとめブログから)

草不可避wwwww

bungarubble:

I wanna scratch a tiger or a lion on the belly.  It’s the only thing on my bucket list.

bungarubble:

I wanna scratch a tiger or a lion on the belly.  It’s the only thing on my bucket list.

(kota-rowから)

働きすぎで身体壊してからは 心の中で松岡修造さんと高田純次さんと私の三人で話し合って方針を決めるMAGIシステムを採用してるのですが、これがすこぶるうまくいくので超お勧めです

Twitter / pinkyweb_tw (via cokeraita)

(otsuneから)

(元記事: misfound (taka-jamiから))

shooting-myself:

lovely bum!

shooting-myself:

lovely bum!

(元記事: girlfriendasses (aboveaveragepornから))

wnwnmemo:


ペコちゃんのほっぺができるまで

wnwnmemo:

ペコちゃんのほっぺができるまで

(baltan-avから)

we can’t just cling to childish things

(元記事: cinderfell (fuckyeahrwbyから))


Tatsuro Kawano Leon fanart from filma doujin

Tatsuro Kawano Leon fanart from filma doujin

(元記事: twitter.com (baltan-avから))

なのに、なぜそれが行われなかったのか。清田記者は「大阪社会部のエース」として遇され、その後、東京本社の外報部記者、マニラ支局長、外報部次長、ソウル支局長、外報部長、東京本社編集局次長と順調に出世の階段を上っていきました。1997年、慰安婦報道への批判の高まりを受けて、朝日新聞が1回目の検証に乗り出したその時、彼は外報部長として「過ちを率直に認めて謝罪する道」を自ら閉ざした、と今にして思うのです。

 悲しいことに、社内事情に疎い私は、外報部次長として彼の下で働きながらこうしたことに全く気付きませんでした。当時、社内には「従軍慰安婦問題は大阪社会部と外報部の朝鮮半島担当の問題」と、距離を置くような雰囲気がありました。そうしたことも、この時に十分な検証ができなかった理由の一つかもしれません。彼を高く評価し、引き立ててきた幹部たちが彼を守るために動いたこともあったでしょう。

 東京本社編集局次長の後、彼は総合研究本部長、事業本部長と地歩を固め、ついには西部本社代表(取締役)にまで上り詰めました。慰安婦をめぐる虚報・誤報の一番の責任者が取締役会に名を連ねるグロテスクさ。歴代の朝日新聞社長、重役たちの責任もまた重いと言わなければなりません。こうした経緯を知りつつ、今回、慰安婦報道の検証に踏み切った木村伊量社長の決断は、その意味では評価されてしかるべきです。

 清田氏は2010年に朝日新聞を去り、九州朝日放送の監査役を経て、現在は大阪の帝塚山(てづかやま)学院大学で人間科学部の教授をしています。専門は「ジャーナリズム論」と「文章表現」です。振り返って、一連の慰安婦報道をどう総括しているのか。朝日新聞の苦境をどう受けとめているのか。肉声を聞こうと電話しましたが、不在でした。

情報屋台 (via clione)

(yoda070から)