Chaotic Accumulation.

指向/嗜好/思考/至高の集積。
alohaorsomething:

✵

alohaorsomething:

(元記事: dialedwhips (yutaka1620から))

joodle:

枯れ葉って結構ジャマなの。これから多くなるからさぁ、なんかヤレヤレって感じなんだよね…。 #雀 #スズメ #鳥 #Birds #写真好きな人と繋がりたい #Nature #ファインダー越しの私の世界 #秋
人気ブログランキングへ

joodle:

枯れ葉って結構ジャマなの。これから多くなるからさぁ、なんかヤレヤレって感じなんだよね…。 #雀 #スズメ #鳥 #Birds #写真好きな人と繋がりたい #Nature #ファインダー越しの私の世界 #秋

人気ブログランキングへ

(元記事: days-photo-diary (kota-rowから))

joodle:

Video

良い

再現度高過ぎやろ…w

(元記事: sizvideos (kota-rowから))

(元記事: thecutestofthecute (baltan-avから))

(元記事: tantramore (baltan-avから))

(元記事: dogsskateboard (baltan-avから))

licoricewall:


能年玲奈 (Rena Nounen): Kinema Junpo - No.1669

licoricewall:

能年玲奈 (Rena Nounen): Kinema Junpo - No.1669

(yutaiguchiから)

(yutaiguchiから)

スマホはパソコンに比べると疲れやすく、視力低下の原因になりやすいといわれています。

平成25年の我が国の高校生の視力が過去最悪になったのもスマホの普及が原因ではないかといわれているのです。


高校生の視力低下とスマホの関係についてはこちら) 




 スマホが目に悪いと言われる最大の原因がパソコンに比べ画面サイズが小さいためで、画面との距離が必然的に小さくなるために目の負担が大きくなるためと言われています。


目は遠くを見るときには休んでいますが、近くを見るときにはピントを合わせるために仕事をします。


その距離が近くなればなるほど負担が増えるのです。


さらにスマホユーザーを調べてみると、近くを見るときに働くべき眼球を内側に寄せる輻輳反応が消失し、本来おこるべき瞳孔が小さくなる反応も行われていないことが言われています。


すべての原因がスマホでは画面との距離が近すぎるためで 、眼球が自ら負担を軽減するために行っているこれらの近見反応もできていないため、さらに目の負担が増えてきます。



しかし、少しでもこれらの目の負担を軽減させようと、メーカーは新製品の画面サイズを大きくし作業距離を長くさせようとしています。



そこで、各iPhoneの画面サイズで目にかかる負担の程度を計算してみました。





●画面サイズ(画面の対角線の長さです)

iPhone4s、4: 3.5inch


iPhone5s、5: 4.0inch


iPhone6: 4.7inch


iPhone6Plus: 5.5inch


 



● iPhone4s、4で目の前30㎝で見られる大きさの文字を他のiphoneでどの距離まで離せて見られるか?
(画面サイズの拡大とともに文字サイズも大きくなると仮定して計算していますが、縦横比が各iphoneで異なるため完全には正確ではありません)


iPhone4s、4: 30cm


iPhone5s、5: 34.3cm


iPhone6: 40.2cm


iPhone6Plus: 47.1cm



まで離して見ることができます。





●その距離まで離したときの眼球に必要な調節力


iPhone4s、4: 3.3D   (46歳相当)


iPhone5s、5: 2.92D  (48歳相当)


iPhone6: 2.48D     (50歳相当)


iPhone6Plus: 2.12D  (52歳相当)



(当然、離して見ることで目の負担が軽減できます)


 

●この結果の意味するところ

調節力の低下している50歳を過ぎた方は、52歳相当の調節力で見られるiPhone6Plusで見られる文字が、iPhone6にすると見られない可能性があります。 

また逆に、40歳後半の方でiPhone5s、5では見られなかった文字が、iPhone6Plusにするとみられる可能性があります。



そして、さらに年配の老眼がさらに進んだ方でも、眼鏡の度数は0.25D単位なので、iPhone6からiPhone6Plusにすると理論上1段階老眼鏡も弱いもので見られることになり、iPhone5からiPhone6Plusに変更すると、なんと3段階老眼鏡が弱いもので見られる可能性があるのです。



また、老眼とは関係のない若い方でも、iPhone4s、4からiPhonePlusで眼鏡4段階分の調節力の軽減作用が、iPhone5からiPhonePlusでは3段階分の負担が軽減できます。



近視の進行や眼精疲労で困っている方は、画面の大きいスマートフォンへの変更を考えられてはいかがでしょうか。


ただし、画面が大きくなったのにそれまでと同じ距離で見ていては、眼球の動きが大きくなりますので、かえって疲れます

映画館で前の席の方が疲れやすく感じたり、大画面テレビを近づいてみたときに疲れるのと同じ原理です



スマホは画面の大きいものをできるだけ離して見るのが良いのです。


さらに追加ですが、iPhone6plusは画面サイズが大きくなっているだけではなく、解像度も上がっていますので、より疲れにくいスマートフォンとなっているようです。

(ビデオ鑑賞時、解像度の良いブルーレイよりも解像度の落ちるVHSの方が疲れを感じるのと同じ理由です。

解像度の良い映像ほど目の負担は軽減するのです)


ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ : 目の負担の少ない、目が疲れにくいiPhoneはどのタイプ?(Phone6Plus?, 6?, 5s?, 5?,4s? 4?) 画面サイズから画面を見るのに必要な調節力を計算しました (via petapeta)

(yutaka1620から)